オレンズネロ0.2の芯が出なくなった

IMG_20171111_085752.jpg

みなさんこんにちは。「柴犬“ブログ”の生活研究所」所長のラジオマンです。
寒くなりました。
昨晩結構強い雨が降りました。
今朝も少し雨が残っているところがあるみたいですが、午後からは晴れてくるようです。

オレンズネロですが言わずと知れた一本3000円、品薄状態が続いていてプレミア価格の5000円近くで売られているシャーペンです。
一時期は1万円近くで取引されていたこともありました。
この夏以降定価で買えるようになるのではないかと言われていましたが、一向に値段が下がってきませんね。
スポンサーリンク



最近一日5行記録と言うのをノートに書いています。
B5ノートを一ページを5行づつ7日間に分けています。
それでちょうど1ページに1週間分ですね。

その1行に細かい字を書くのにこのオレンズネロの0.2を使うのがちょうどいいので最近特に使っているのですが、結構芯詰まりが起こります。
先日も芯詰まりでカスターサービスに問い合わせたのですが、付属のクリーナーピンを使ってペン先を外してつまりを取り除けと言われました。
その時は何度かつつくことでつまりが取れました。

でも今回も同じことをするのですが、ピン先はブスっと根元まで刺さるのですが反対側からピン先が出てこない。
いったいどうなっているのか?????
0.2ミリのスリープ部分を見ながら1時間以上もその作業を繰り返したのですが改善しません。
老眼にはきつい作業です。

結局あきらめました。
クリーナーピンも冒頭の写真の通りです。
このオレンズネロは確かに作りもしっかりしていて、持つ喜びがあります。
しかし芯詰まりが多すぎます。

はっきり言って使いにくいですね。

定価の3000円で買うならまだしも、これをプレミア価格で買う価値はあまりないように思います。

週明けにカスタマーサービスに相談して今度こそ修理に出さなくてはいけないようです。
付け加えておきますが、サービスの対応はものすごくいいですよ。
丁寧に対応してくれます。

今のところ最高のシャーペンはペンンテルのグラフ1000フォープロでしょうかね。

この記事へのコメント