Kawasaki W800 と遂にお別れ・・・。

DSC_4167.JPG

2012年から乗っていたW800とお別れです。

冒頭の写真は去年の夏に九州ツーリングに行ったときのもの。

たしか熊本だったと思います。

向うからお爺さんが歩いてきていますが、この後このお爺さんといろいろと話をしました。

「向うに見える山は何という山なのか?」ということを聴きました。

「阿蘇山」だというてましたね。

スポンサーリンク




ナンバーを見てびっくりしていましたが、地元の人と話すのは旅の醍醐味です。面白いですね。

だから僕はナビをあまり使いません。

ツーリングマップルを見ながら、地元の人に道をたずねながら走ります。

このバイクでは九州に2回行っております。

走行距離21000キロ。

売却の時の査定時の点検では、クラッチ版が減ってきていてクラッチが切れないという症状が見つかりました。

タイヤは前後ともツルツルです。

タイヤを履き替えて、クラッチを直すと7万円ほどかかるとか・・・。

W800は本当にいいバイクで直して乗り続けようかと思ったのですが、BMW R1200GS ADVに乗りたいという気持ちに負けてしまいました。

もちろんいい中古に出会えたということもあります。

それと、妻がバイクを下りたため(CB1100に乗っていました)これからはタンデム走行が多くなります。

だからタンデムで長距離走っても疲れないバイクがあればいいな、と自分を納得させました。

もうすぐW800とお別れです。

長い間ありがとう。

この記事へのコメント